ホーム > ソフトウェア開発 > 検疫iNetSec Inspection Center

ソフトウェア開発

検疫iNetSec Inspection Center

主な機能

1[排除] 不正接続を排除

?不正利用者のネットワーク接続を排除します。

?許可されていないPCのネットワーク接続を排除します。

2[隔離] 危険な状態のPCを隔離

?セキュリティパッチやウィルス対策ソフトの適用状況など、セキュリティポリシーの適合性を検査します。

?セキュリティポリシーに適合していない危険な状態のPCはネットワークから隔離します。

3[治療] セキュアなPCへ誘導

?隔離された危険なPCに対して、最新のセキュリティパッチを適用したり、ウィルス対策ソフトを更新するように誘導します。

4[記録] ???????????検査結果記録

?全てのPCのセキュリティポリシー遵守状況の検査記録?レポーティングにより、セキュリティ監査を支援します。

技術特徴

多様なネットワーク構成に柔軟に対応

? LAN/WAN、リモートアクセス、無線LANといった多様なネットワーク環境に対応
? 選べる3つの検疫方式

 

充実のセキュリティポリシー検査項目

? Windows / Internet Explorer / Microsoft Officeのセキュリティパッチの適用状況
? 主要ウイルス対策ソフトウェア(TREND MICRO, Symantec, McAfee, SOURCENEXT, F-Secure)の導入状況、
  ウイルスパターンの更新状況、リアルタイムスキャンの設定状況
? 任意のウイルス対策ソフトウェアの導入チェックに対応
? 導入が義務付けられているソフトウェア(セキュリティソフトウェアなど)の導入状況
? セキュリティポリシー上使用が禁止されているソフトウェア(例えば、Winny等のP2Pソフト)のインストール状況
? パーソナルファイアウォール(Windows XP、ウイルス対策ソフトウェア)の設定状況
? Windowsログオン、スクリーンセーバーのパスワードの設定状況
? PCの管理登録状況(未登録PCの不正接続排除)

 

“ゼロ?アドミン”、運用管理の手間とコストを削減

? 日英のセキュリティパッチ(OS, Office)/ウイルスパターンに対応する検疫辞書配付サービス
? 検疫辞書および企業のPCセキュリティポリシーの自動更新/設定
? 検疫状況などの統計データのレポーティング
? ストレスのないPC検査時間(約10秒)
? 柔軟な運用を支援する警告機能(セキュリティポリシーを満たさない場合にネットワークへの接続を許可することも可能)
? 日本語/英語版Windowsに対応するマルチリンガル検疫
? 複数の検疫ポリシーを1サーバで管理するポリシーグループ機能
? 各種の更新作業や設定作業の自動化により、ゼロアドミン(管理不要)の運用管理を実現 

 

会社情報
会社案内
株式会社PFU
関連認証
社員会
ニュース
ソリューション
ECMソリューション
SWEETS
次世代ERP??????? DX
EntrySystem
業務見える化ソリューション
OnBase
ソフトウェア開発
検疫iNetSec Inspection Center
Mac 開発
名刺管理ソフトCardMinder
Notesソリューション
製品?サービス
ソフトウェア製品の販売
ハードウェア製品の販売
システムインテグレーション
採用情報?人材育成
採用情報
人材育成
連絡先
連絡先
地図
2019马会传真内部绝密图